株式会社三陸新報社 宮城県気仙沼市松崎柳沢228−100 TEL0226-22-6700(代) FAX0226-23-6100
【バナー】 新聞オンライン

トップ ニュース スポーツ 会社概要 広告案内 出版案内 購読案内 プリント案内 お問合せ リンク  

TOPニュース > 気仙沼大島大橋 架かる 本体中央部が瀬戸に(3/30付)
2017年03月30日 10:00記事更新
 
気仙沼大島大橋 架かる 本体中央部が瀬戸に (3/30付)
橋桁などと接合された中央部
 2018年度末の完成を目指す気仙沼大島大橋事業は29日、メーン作業となるアーチがある橋中央部の架設が予定地の大島瀬戸で行われ、大島と鹿折がつながった。県勢発展計画に架橋事業が位置付けられてから50年。地区民は待ちに待った架設を喜び、一日も早い開通を願った。
 三重県津市の工場で制作され、朝日ふ頭(商港岸壁)で組み立てられていた橋中央部(延長228メートル、重さ2700トン)は、夜明け前から大型クレーン船を使ってつり上げ作業を開始。大島瀬戸までえい航され、午前9時45分、鹿折・三ノ浜側、大島・磯草双方の橋桁などと接合した。
 待望の架設の瞬間を一目見ようと、大島や本土側の鹿折、朝日ふ頭には早朝から多くの市民が詰めかけ、厳しい寒さの中、作業を見守った。大島では漁船を出し、洋上からを見学する人たちもいた。
<<前の記事へ
次の記事へ>>



過去号外新聞


気仙沼市の天気
【バナー】 気仙沼の天気





HOME ▲上に 戻る
| 会社概要 | 広告案内 | 出版案内 | 購読案内プリント案内 |
Capyright(C)sanriku sihmposya 2002.All Rights Reserved
このホームページ内の記事・写真・その他の著作権は株式会社三陸新報社にあります。許可なく転載・複写はお断りいたします。